About our books   本について

“I understood the story”, “I can read a Japanese book all by myself!”, “Reading in Japanese has become much more fun!”, “I am more confident!”, “I want to go to Japan!” and “I want to continue studying Japanese!’   Comments such as these inspire us to keep creating more books.  Our passion is to provide a wide range of opportunities for readers to successfully comprehend what they read, while finding enjoyment in becoming a confident and avid reader in Japanese.

Our books:                                                                                         

tsurushi bina cover page

 are not just “made easier” for the readers, but contains purposely selected words and phrases that teach authentic Japanese

 include photographs and illustrations as visual cues to assist readers in following the story

 embrace culturally specific content, inviting readers to experience Japan.

 provide levels 1 through 10, fostering accumulative learning so the reader can learn at their own pace

 align with the Australian Curriculum for Japanese language as well as the Japanese Language Proficiency Test (JLPT)

 Consider the developmental progress of the Japanese language, and foster accumulative learning

 use the textbook font, allowing for universal recognition amongst any levelled reader

 encourage readers to become independent by utilising the support of on-line resources such as audio stories, glossaries and translation found at Japanbooks.online.

読者の観点から創られた  あある先生のジャパンブック
外国語、あるいは第二言語として、日本語を学ぶ学習者のための、日本語の本cover page

「お話がわかった!」「日本語の本が、全部一人で読める!」「日本語の本を読むのがたのしくなった!」「自信がついた!」「日本に行きたい!」「もっと日本語を勉強したい!」 こんなコメントを聞き続けたい一心で、本を創っています。

あある先生の本は:
 日本語が母国語ではない読者の為に、話の理解を助けることを考慮に入れ、同時に日本語の「美しさ」が失わわれないように、単語、言葉、文型などを選んでいます。

 ただ、易しい日本語で書かれているわけではなく、読者が日本語の学習者であることを考慮に入れて、単語、言葉、文型などを選んでいます。

 話の内容の理解を助ける為に、写真イラストがふんだんに使われています。

 読みながら、「日本らしさ」を感じ取れるように、言葉や写真等を選んでいます。

 読者が一人で読め、理解力を高めることが出来るように、読み聞かせ、用語集、読解の問題などのンラインリソースがあります。

 レベル1から10まで、個人のレベルとペースに合わせて、少しづつレベルアップが出来ます。

 レベル6(Level 6)の本から、日本語能力試験(JLPT)の文型に沿って、レベルが構成されています。

 日本語学習者が読みなれている「教科書体」、あるいはそれに似た書体で書かれています。

日本語の学習の目的だけに本を読むのではなく、読んだことを自分で実際に理解し、「日本語の本を読むのが楽しい!」と思えるようになってほしい‐これが、「ああるせんせいのジャパンブック」の第一の願いです。私たちの本を読むことで、日本語の本を読むことへの自信がつき、「日本語の読書も楽しい。」と思っていただけるようになれば、最高に嬉しいです。

アール真理子(あある先生)  Mariko's photo beach

 

 

Go to Catalogue Level 1-3     Go to Catalogue Level 4-6    Go to Catalogue Level 7-10

Go back to Home page